辛い更年期障害を改善するには食生活を見直すことが大事

看護師

女性特有のがん

医者

卵巣がんは、女性の体の中に存在している女性ホルモンを排出する役割のある臓器です。女性にとってとても大切な臓器で、子供を作るために必要なものになります。卵巣がんになってしまうと下腹部が異常に膨れてしまいます。

More…

ホルモンの乱れをなくそう

女の人

更年期障害は、女性に発症することの多い疾患です。だいたい月経が終わったあとに発症することが多く、40代後半ごろから50代にかけて体に様々な不調が表れてきます。更年期障害の主な症状としては、体のほてり、めまい、頭痛、息切れ、動悸といったホットフラッシュと呼ばれる現象やイライラやうつ状態が続くといった精神状況も不安定になってしまいます。人によって症状の違いや度合いが変わってきますが、重度の人になると普通に生活することが困難になる場合もあります。症状を悪化させないためにも、早めの予防対策をしておいたほうがいいといえます。

更年期障害の症状が表れるのは、一般的に閉経したあとの40代から50代にかけてと言われていますが、早い人では30代ごろから発症するという人もいます。早いうちから対策をしておくことで、症状の進行を抑えることができるのです。自分はまだ大丈夫という安心感を持たずにケアしていくことが大事になります。更年期障害の改善・予防法として挙げられるのが、まず食生活の見直しです。この疾患を発症する原因といわれているのが、エストロゲンと呼ばれるホルモンが極端に少なくなってしまうことにあるのです。このホルモンは年齢とともに減少してしまう傾向があり、食事からきちんと補う必要があるのです。このホルモンは減少すると自律神経のバランスが崩れてしまい更年期障害を引き起こしてしまうのです。現代人は特に食生活の乱れが著しく、様々な病気を引き起こしてしまいがちになっています。甘いものの摂りすぎや脂肪分の多い食材ばかり摂っているとエストロゲンが少なくなってしまい、症状を発症しやすくなるのです。若いうちはまだ大丈夫ですが、年齢を重ねても若いころと変わらない食生活を送っていてはダメなのです。きちんとバランスよく栄養を摂ることを考えて食事を摂るように心がけていきましょう。そのほか、ビタミン類をしっかり摂取することが大事です。ビタミンは主に緑黄色野菜や大豆類に多く含まれており、血行も良くしてくれます。更年期障害の原因と言われるホルモンバランスの乱れを整えてくれるという働きもありますので、症状の改善には打ってつけの食材なのです。このような食生活をきちんとして自律神経のバランスを整えることが、更年期障害を予防・改善していくために最も重要なことなのです。

消化を助ける臓器

入院

胆のうは消化活動を行う十二指腸へと繋がっている胆管についている小さな臓器です。消化を助ける働きのある胆汁を蓄積しておく役割のあるものです。この臓器に腫瘍ができてしまう病気を胆のうがんといいます。

More…

診療項目ごとで違う治療

病院

けがや病気をしてしまったときに通うのは病院です。全国に様々な病院がありますが、大阪の平野区では様々な診療項目を行っている病院が多くあります。取り扱っている内容によってそれぞれ治療の仕方は異なります。

More…